『FLORA JAPONICA』(日本植物誌)・『FAUNA JAPONICA』(日本動物誌)

画像部分をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

1.トキ 2.オオサンショウウオ 3.ツクシシャクナゲ 4.ウメ 5.アジサイ
1.トキ 2.オオサンショウウオ 3.ツクシシャクナゲ 4.ウメ 5.アジサイ
シーボルト編『FAUNA JAPONICA』(日本動物誌)について

 シーボルトは、日本で収集したたくさんの標本を本国オランダへ送り、1830年に帰国するとライデン市の国立自然史博物館館長テミンクと館員シュレーゲル、 デ・ハーンの協力を得て、1833年から1850年にかけて美しい図版を豊富に配した『FAUNA JAPONICA』(日本動物誌)全五巻を刊行しました。
 その内容は、甲殻類篇(1833〜1850)、哺乳動物篇(1842〜1844)、鳥類篇(1844〜1850)、は虫類篇(1842〜1844)、魚類篇(1842〜1850)と分かれており、 約820種の動物を4000点を超える図版を添えて紹介しています。シーボルトは、このほかにも棘皮動物篇の図版を準備していたようですし、たくさんの貝類も収集していましたが、 動物誌棘皮動物篇、貝類篇が刊行に至らず未完におわっているのは大変残念です。
 図版の印刷は、単色の石版刷りに1枚1枚手彩色を施した美しいもので、特に第四巻の魚類篇の図版の多くは長崎の絵師川原慶賀の絵が原画として使われ、ムツゴロウやエツなど有明海の珍しい魚も収録されています。
 出版当時は分冊形式で刊行され、各編分冊が同時進行でバラバラに刊行されているため、今では全巻を収集し製本保存されているのは世界でもきわめて希少な存在になっています。 当館所蔵本では、哺乳動物篇と鳥類篇が合冊製本されていますので、外観は全四冊の豪華な革装丁本になっています。

 

シーボルト編『FLORA JAPONICA』(日本植物誌)について

 第一篇は植物学者ツッカリーニの編集で1835年から1841年にかけて10冊にわけて刊行され、第二篇はシーボルトとツッカリーニの共編で1842年から1844年までに6冊が刊行されたところで 両者の死去によりライデン国立植物園長ミクエルが編纂を引継ぎ1870年に10冊分目まで刊行しています。
 この本に収められている図版は第一編100図版、第二編50図版で『FAUNA JAPONICA』同様に美しい彩色が施されています。当館所蔵本は、全一冊に製本されています。