姜 尚中/編 -- 岩波書店 -- 2003.1 --

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 書庫 /319/121/84 1106021217 一般   在架

資料詳細

タイトル日朝交渉
タイトルカナニッチョウ/コウショウ
副書名課題と展望
副書名カナカダイ/ト/テンボウ
著者 姜 尚中 /編, 水野 直樹 /編, 李 鍾元 /編  
著者カナカン,サンジュン,ミズノ,ナオキ,リー,ジョンウォン
出版地東京
出版者岩波書店
出版年2003.1
ページ数246p
大きさ21cm
書誌年譜年表日朝関係年表・解説 石坂浩一編:p231〜246
内容紹介拉致と核開発問題が日本社会を震撼させている。アメリカの強硬策に追随していては、北東アジアに平和と安定は訪れない。山積する課題をめぐって20余名の識者が訴える行動の指針。日朝関係関連資料を付す。
一般件名日本-対外関係-朝鮮(北)
NDC分類(8版) 319.1021
ISBN4-00-024217-2
本文の言語jpn
書誌番号1105511876

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
日朝平壌宣言の歴史的・国際的意義 小此木 政夫/ほか討論
脱冷戦を目指し熱戦の主戦場を不戦共同体に 李 鍾元/著
日朝交渉に賭ける北朝鮮の意図 小牧 輝夫/著
「百年の計」を目指した朝鮮半島政策を 小田川 興/著
日朝国交正常化交渉と北朝鮮の変化 李 鍾【ソク】/著
北朝鮮の食糧問題と人道援助のあり方 熊岡 路矢/著
北朝鮮の「核開発」と安全保障問題 吉田 文彦/著
植民地支配の清算をどのように形にするか 水野 直樹/著
北朝鮮メディアが描く国内事情 大場 和幸/著
日朝関係における拉致問題の意味 藤田 久一/著
日朝交渉と日韓会談 高崎 宗司/著
揺れる在日コリアン社会 本田 雅和/著
日朝国交正常化交渉と在日コリアンの地位 高 英毅/著
日朝関連報道 菱木 一美/著
中国-血で結ばれた関係のゆくえ 朱 建栄/著
ロシア-北朝鮮の軟着陸を目指し日米中と連携 石郷岡 建/著
盧武鉉大統領と「太陽政策」のゆくえ 康 仁徳/著
南北和平プロセスを支援するEU諸国 高橋 進/著
北東アジア共同の家に向けて 姜 尚中/著