大谷 光男/編著 -- 新人物往来社 -- 1994.3 --

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 郷土資料室 /K209/3/キ 1107818435 郷土 禁帯 在架
県立 郷土書庫 /K209/3/Sキ 1108190848 郷土 禁帯 在架

資料詳細

タイトル金印研究論文集成
タイトルカナキンイン/ケンキュウ/ロンブン/シュウセイ
著者 大谷 光男 /編著  
著者カナオオタニ,ミツオ
出版地東京
出版者新人物往来社
出版年1994.3
ページ数387p
大きさ22cm
書誌年譜年表倭国を対象に置いた印綬年表:p384〜385
内容紹介日本古代史のはじめを飾る「漢委奴国王」の金印。その金印の歴史的背景や文字、出土地の研究など、金印について書かれた最近の研究者の優れた論文を集成。日本古代史研究の過程と金印研究の問題点を探る。
一般件名日本-歴史-古代
一般件名日本-対外関係-アジア(東部)
一般件名倭奴国王印
NDC分類(8版) 210.3
ISBN4-404-02076-7
本文の言語jpn
書誌番号1109423580

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
古代オリエントの印章 石田 恵子/著
「方寸の世界」に歴史をよむ 久米 雅雄/著
日本古代史研究と金印 大谷 光男/著
海を渡った金印 大谷 光男/著
漢帝国と東アジア世界 西谷 正/著
金印と東アジア世界 梶山 勝/著
古代中国の印制から見た倭国 大谷 光男/著
倭の朝貢と金印 大谷 光男/著
魏文帝の遠隔地使節の送迎問題 大谷 光男/著
後漢と魏の諸侯王の進爵 大谷 光男/著
さまざまなる印綬 大谷 光男/著
漢・魏代の列侯印 大谷 光男/著
「広陵王璽」について 岡崎 敬/著
金印「文帝行璽」に関する一考察 梶山 勝/著
漢・晋代の「王」字と埋葬印について 大谷 光男/著
列侯の印について 大谷 光男/著
後漢時代の追贈印綬 大谷 光男/著
漢旧儀・漢官儀の「章」について 大谷 光男/著
漢魏晋代の蛮夷印の用法 梶山 勝/著
西域の印章 西谷 正/著
中国から冊封された朝鮮の官印について 大谷 光男/著
魏室が倭を冊封した官印について 大谷 光男/著
「漢委奴国王」印研究の紹介 大谷 光男/著
漢委奴国王印の文献 大谷 光男/著
亀井南冥と金印 塩屋 勝利/著
「漢委奴国王」金印研究論 乙益 重隆/著
「漢委奴国王」金印研究論 後藤 直/著
「漢委奴国王」の金印 大谷 光男/著
「魏率善倭中郎将」と「魏率善倭校尉」の銀印について 大谷 光男/著
明・清代における高麗 大谷 光男/著
「漢委奴国王」金印の測定 岡崎 敬/著
金印奴国説への反論 久米 雅雄/著
金印その他の蛍光X線分析 本田 光子/ほか著
近世の志賀島 高田 茂広/著
金印出土状況の再検討 塩屋 勝利/著
志賀島とその現況 大谷 光男/著
志賀海神社の由来 大谷 光男/著
魏志倭人伝
後漢書倭伝
宋書倭国伝
隋書倭国伝
甚兵衛口上之覚
亀井南冥鑑定書
志賀島
志賀神社
官幣小社志賀海神社
金印弁 亀井 南冥/著
漢委奴国王金印之考 上田 秋成/著
藤貞幹考 藤 貞幹/著
漢委奴国王金印考 本居 宣長/著
金印考 細井 金吾/著
金印考 華亭 釈澂/著
後漢金印略考 青柳 種信/著
漢委奴国王印考 三宅 米吉/著
金印物語 中山 平次郎/著
国王の印は自然金であった 井本 進/著