久保 文明/編著 -- 日本評論社 -- 2010.10 --

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 書庫 /312/53/236 1107328183 一般   在架

資料詳細

タイトルオバマ政治を採点する
タイトルカナオバマ/セイジ/オ/サイテン/スル
著者 久保 文明 /編著, 東京財団現代アメリカ・プロジェクト /編著  
著者カナクボ,フミアキ,トウキョウ/ザイダン
出版地東京
出版者日本評論社
出版年2010.10
ページ数8,218p
大きさ21cm
内容紹介アメリカのみならず世界に新風を吹き込んだオバマ。彼に何ができ、何ができなかったか。政権発足後1年半にわたるオバマ大統領の政権運営と、さまざまな政策の実績を中間総括する。
個人件名Obama,Barack
一般件名アメリカ合衆国-政治・行政
NDC分類(8版) 312.53
ISBN13978-4-535-58580-5
本文の言語jpn
書誌番号1109180774

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
政府に対する不信感に加え有権者のイデオロギー的分裂のなかで何を成し遂げ、どこへ向かうか 久保 文明/著
キャンペーンのみならずガバナンスでも発揮されたリーダーシップ 渡辺 将人/著
1年半でみえてきたホワイトハウス主要スタッフの政策運営 足立 正彦/著
任用過程は大幅に遅れたがイデオロギー的バランスや各集団の代表性に配慮 菅原 和行/著
難局は乗り越えたが公約の超党派政治は実現できず 廣瀬 淳子/著
マスメディア利用から脱マスメディアへ 小栗 泉/著
オバマ大統領を生んだネット戦略は政権運営に活かされているか 横江 公美/著
業績をあげるほど支持率が低下するジレンマ 細野 豊樹/著
欧州・ロシアとの心理的な距離を縮め外交・安全保障政策の選択の幅を広げることに成功 渡部 恒雄/著
「維持可能な」中東政策を描けるか 新田 紀子/著
米中の相対的力関係の変化がもたらした強いられた協調 高畑 昭男/著
オバマ政権は北朝鮮の核開発を阻止できるか 泉川 泰博/著
普天間問題で空回りする「日本重視」 加藤 洋一/著
新外交アジェンダは期待できるか 池原 麻里子/著
「あるべき世界」と「あるがままの世界」との狭間で 中山 俊宏/著
核なき世界を目指すオバマ政権にとって新たな意味を持つミサイル防衛 秋元 千明/著
QDR2010からみたオバマ政権の国防戦略 川上 高司/著
金融危機への対応に重点をおきつつも続けられた構造改革の歩み 安井 明彦/著
1年目の消極政策から2年目の輸出倍増政策へ 舟津 奈緒子/著
クリーンエネルギーは支持されるも乏しい具体策 杉野 綾子/著
コミュニティ・オーガナイザーを経験した大統領が直面する課題 西山 隆行/著
「百年に一度」の改革の達成 天野 拓/著