四方田 犬彦/著 -- 中央公論新社 -- 2015.6 -- 778.04

所蔵

所蔵は 0 件です。現在の予約件数は 0 件です。

資料詳細

タイトル テロルと映画
副書名 スペクタクルとしての暴力
叢書名 中公新書
著者 四方田 犬彦 /著  
出版者 中央公論新社
出版年 2015.6
ページ数 10,201p
大きさ 18cm
一般件名 映画 , テロリズム
NDC分類 778.04
内容紹介 憎悪と怨恨を映画はどう描いてきたのか。テクノロジーの発展やテロリストの内面など、多様な観点からブニュエルや若松孝二、ファスビンダーらの作品を論じ、テロリスムと映画の関係性をとらえ直す。
ISBN 4-12-102325-4